[ネメシスの使者]

[ネメシスの使者] 著:中山七里
なんの罪もない小学生と大学生の女性を殺しても無期懲役。
勝手な思い込みストーカーで女性と祖母を殺しても無期懲役。
3人以上殺さないと死刑になはなりにくい司法。
死刑廃止論には反対なので、納得がいきません。
上記の犯罪者の身内が殺される事件を中心にしたストーリーです。
死刑を選択しなかった裁判官が、実は孫娘を誘拐、殺害されていてその犯人も死刑にはなっていないという事実も驚き。
身内が被害者ならば極刑を選びそうなものなのに何故、無期にしたのか?
彼曰く刑務所は中から人を殺す。
そう言われてみればそうかもしれないけれど、それは犯罪者によるし、やはり被害者家族もそれでは納得しないでしょう。

コメントは受け付けていません。