[アルファベット・パズラーズ]

大山誠一郎さんの[アルファベット・パズラーズ]
とあるマンションの所有者と、ミステリー作家、精神科医、警視庁捜査一課。
この4人が謎を解決する短編集になっています。
4人のキャラクターがそこそこで、嫌な感じもなくチームワークで解決しいっていたので面白かったです。
ただ最後の3作目。
ネタバレですが犯人を捜す方に真犯人がいたってパターンでガッカリでした。
それは一番やっちゃいけないオチだと思っているからです。
長編一冊の時もそうですけど、前の2作でその人の好さがあったのに結局は犯罪者ってナニソレってなりますよ。
あと前に読んだ本と同じ描写があって、それも作者さんが使用しているのもどうかと思いました。
残念ながら再読はないですね。

コメントは受け付けていません。