ちょっと魔が差した?

教職員や警察関係者が起こした事件にはほとんど驚かなくなりましたね。
ただ、自殺した男性の家から検死に訪れていた警部補が200万円を盗んだというのはちょっと珍しいですよね。
二千円じゃなくて200万円ですよ。
札束がドーンとあったんですかね。
そしてこの警部補はみつからない自信でもあったんでしょうか。
持ち主の家族が警察に届けたあとにその家のガレージの棚にお金を返したと電話をしたってのにも変な話しです。
そして上司に自分が盗んだと名乗り出たそうです。
紛失が発覚して大事になりそうだから、黙っていられなかったんですかね。
そう考えると、ちょっと魔が差して今まではやったことがなかったのに盗んだ小心者なのかなという気もします。
犯罪は犯罪なので駄目ですけどね。