つまようじと房楊枝

江戸時代にはつまようじではなく、“房楊枝”なるものがあったようです。
先端にはホウキみたいなのがついていて、昔の歯ブラシみたいなものらしいです。
お茶をたてるやつ・・・・名前がわかりませんがそれに似ているように見えました。(笑)
歯ブラシは西洋からきたものなんですね。
江戸時代はお歯黒をするのに使っていたものなどなど。
今のつまようじはシラカバが一般的で次に空木、その次には黒文字。
使用感や強度に優れているものです。
先端があまりとんがっていないので、歯の隙間にはさまったものをとるというつまようじではないですね。
掃除用だけやなくてお菓子用に使うつまようじもあるわけで、それは高級品なんですね。
綺麗な和菓子なら素敵なつまようじが似合いますね。