骨粗しょう症危険度チェック

加齢による骨量密度は女性ですと50代から急激に下がることが分かっています。
エストロゲンが減少して骨を壊す細胞が活性化してしまうからです。
骨粗しょう症の8割が女性なのは閉経が関係していきます。
男性は急激なホルモンバランスが崩れることがないからです。
ただし例外もありますので男性でも油断は禁物です。
骨粗しょう症危険度チェック
乳製品や魚をあまり食べない。
毎日お酒を飲む習慣がある。
仕事や日常生活にストレスを感じている。
過激なダイエットを頻繁に行っている。
小柄で痩せ型である。
あてはまる項目が3つ以上だとまずいということになります。
体重がある人の方が体を支えるために骨が頑丈になっています。
痩せている人が良いというわけではないということですね。