いろんな顔があるもの

誰かにとって名作でも他の誰かにとっては退屈でつまらない本、というのがありますね。
それでも購入前は人の感想って気になりません?
とりあえず中身のネタバレが少ない感想を読んでみて、おもしろそうだと思ったから買ったけれど私の好みではなかったということが多々あります。
反対にこれはずっと手元においておこうと思うよな自分にとって大切な作品があっても、なにやら酷評されている本というのもあります。
自由に使えるお金がたくさんあれば気に入らない本があったとしても、まあしかたがないかですみます。
でも厳選した中で購入したのに金額に見合う中身じゃなかったときは本当に心底残念な気持ちでいっぱいになります。
大切なものをみつけるのは何事も簡単ではありませんね。