カレーは美味しい漢方薬

辛いものは胃腸を悪くする原因になるというのは有名な話しですよね。
でもレッドペッパーのみでも少なくすればカレーの辛さを調節できるのです。
カレーに使われるスパイスについて。
明治時代にカレーを作るときは漢方やさんに行って買ったというくらいカレーと漢方は近しいものなんですね。
肝臓にもいいのはウコンでカレーの半分はウコンです。
カレーは漢方薬の親戚とも言われています。
カレーを食べていれば風邪をひかない
唐辛子など辛いものは体に対する効果はある程度入っていればそれ以上の効果はないので、辛ければ辛いほど良いということはない。
だからカレーは甘くても十分。
お酒を飲む前に食べるよと二日酔いなどにならない効果があります。