アルコールと塩分

暑い日によくとりがちなアルコールや塩分が腎臓を悪くするという実験がありました。
Aアルコール2リットルを飲むチーム。
B水を2リットル飲むチーム。
C水2リットル+梅干しのチーム。
Dアルコール2リットル+梅干しのチーム。
Cの水と梅干しチームだけはあまりトイレに行きませんでした。
尿量は平均461ミリリットルでほとんど出てない。
水分とともに塩分両度もバランスを保ってくれる。
塩分をとりすぎると血圧上昇して毛細血管が傷つく。
水2リットルは足の体積は変わらないが、過剰な塩分をとることがむくむ。
尿量が増えると脱水状態になる
蘆花する圧力が下がってしまい腎臓にショウガいをもたらす
アルコールと塩分の相殺結果がおきるがやはりとりすぎると腎臓に大きく負担がかかる。