アルツハイマー病の発見方法

アルツハイマー病の発見方法
アルツハイマーの原因とされているアミロイドベーダは30代で、タウたんぱくは40代で普通にたまっていくものです。
脳波を使ったアルツハイマー病の発見方法は21個の電極で脳波を検査します。
平常なのかアルツハイマー病の可能性があるのか調べる。
多くの医療機関にある脳波計を使用できるため低コストで導入可能です。
予防する方法
今のところ明確なものはありません
ウォーキングや有酸素運動をしていた人の方が発症しない確率が高い。
自治体の認知症予防プログラムにもなっているくらい、ウォーキングは良いとされている
ネプリライシンの活性化によりアミロイドベーダが減るというマウス実験済みです。
(ネプライシンは体内でつくられる酵素のこと)
一日30分のウォーキングが良いそうです。