クリスマスケーキの悲劇

お腹がねじれるかと思うくらい痛くてトイレに籠るようなことになるのは本当に辛いので嫌です。
クリスマスケーキで食中毒のニュースを聞いて、思い出してしまいました。
よりにもよってクリスマスケーキって・・・
一年に一回やってくるクリスマスの時期に必ず思い出すことになりそうな悲劇です。
どう考えても嫌な思い出になりそうですね
ケーキ調理従事者からノロウイルスが検出されたようなので出どころは判明しています。
このケーキを製造したお店は営業停止後にいずれは再開するでしょう。
菓子店が倒産するのが多いと先日、ニュースで聞きましたよ。
再開してこのお店は生き残れるのかどうか少々心配ですね。
またこの従事者も責任感もあるだろうし不憫です。

[アルファベット・パズラーズ]

大山誠一郎さんの[アルファベット・パズラーズ]
とあるマンションの所有者と、ミステリー作家、精神科医、警視庁捜査一課。
この4人が謎を解決する短編集になっています。
4人のキャラクターがそこそこで、嫌な感じもなくチームワークで解決しいっていたので面白かったです。
ただ最後の3作目。
ネタバレですが犯人を捜す方に真犯人がいたってパターンでガッカリでした。
それは一番やっちゃいけないオチだと思っているからです。
長編一冊の時もそうですけど、前の2作でその人の好さがあったのに結局は犯罪者ってナニソレってなりますよ。
あと前に読んだ本と同じ描写があって、それも作者さんが使用しているのもどうかと思いました。
残念ながら再読はないですね。

死ぬかと思いましたよ・・・

どんなに屈強な筋肉を持った人でも腹痛の苦しみには負けるだろうな・・・。
トイレの中で考えたのですがそんな冗談を言っている場合ではないくらい、急激な痛みで本当に大変でした。
トイレに行く前からただの腹痛という感じではなくて違和感がありました。
下っ腹だけじゃなくて全体が痛いというか。
でもすぐに出てこないので座ったままでいたら、だんだん気分が悪くなってきて冷や汗は出てくるし、息切れしてきてうなり声が出てきて、すごく大変でした。
汗が凄くて脱水症状かも?水が飲みたいと思ったけど、トイレの中だし。
とりあえずひと段落したと思って出て、水を飲んで万病に効くと信じている百草丸を飲みました。
しかしそれからまたグルグルがきてトイレに籠りました。
死ぬかと思いましたよ・・・

[本と鍵の季節]

米澤穂信さんの[本と鍵の季節]を読みました。
同じ図書委員となって知り合った堀川と松倉、高校男児がちょっとした謎解きをする短編です。
この作者さんの本で、苦手だなと感じた本があったのでしばらく読んでいませんでした。
短編ははじめてだし、高校生という青春モノは避けていたけれど面白かったです。
主人公は堀川の方で見た目は良い松倉と、考えて謎をあかします。
その真相はだいたいちょっと意外ときつめだったりします。
最後は松倉の家族の話しになり、そのへんで主人公堀川も頭は切れるがちょっとデリカシーがないところもあきらかになります。
最後のオチはもちこし状態だけれど、二人がこの先も友人であっていて欲しいと思わせるお話しでした。

嫌なら見るな!

「嫌なら見るな」って正論だと思うんですよ。
私もネットの記事を読んだどきにそれを読んだ人のコメントを読みます。
大抵は私も同じ意見だけど、人によってはその人の見た目を攻撃したものもあります。
いろいろな意見があるのが当たり前。
でも相手の見た目が嫌でその文句が出るのであれば、見なければいいと思いますよ。
まあ、もしかするとその番組は好きだとか、その人以外に応援している誰かが出ているので見ているだろうことも想像できますけどね。
ネットの中にある悪意に埋もれたくないし、同調したくないなと思います。
Twitterもしているけれど見るばかりで自分からは発信しません。
誰かのツイートに自分の意見をつけてリツイートするクセがあったら、簡単に全世界に向けて発信してしまうので注意しています。

カツラの下からコカイン

カツラの下からコカインが発見、逮捕された男がいるようです。
そうか、そんなところに隠すなんて考えるものだなと思いました。
しかし!コカインを隠した男性の写真を見たら噴き出してしまいました。
だってあきらかにカツラなんですよ。
いまどき、そんな不自然なカツラなんてある?って言いたくなるほどですよ。
コントで使われるわざとらしいカツラかと思うくらい変でしたよ。
もっと自然に見える程度のカツラかと想像していました。
よっぽど大量に入れたかったのかもしれませんけど見つかってしまえば水の泡ですよ。
不自然な様子を警察官が呼び止めたそうですがそれを見逃していたら警察官としても人としても失格でしょうね。
不自然に盛り上らないくらいにすれば良かったのに・・・・

お勧めと押し付け

今、ふと思い出してイラっとしたこと。
車の中にいて、自分が好きだと感じた映画とかドラマを流していい?って聞いてくるのはかなりの押し付けだと思います。
付き合い始めの頃はそういわれて、嫌だとは言えないじゃないですか。
しかも連続ドラマの1話目を見せられてもねぇ。
ちょっとというか少しおかしいというか自分勝手だなと思いました。
以前、好きな声優さんがいたこともあるし、アニメに偏見はないけれど、私はやっぱりアニメは好きじゃない方かな。
大ヒット映画だって興味がないから見ていなかったのに、結局はそのパターンで見せられた。
つまらなくはないし意外な展開もあったけどそれだけ。
まあ、感想を求められなかっただけでもマシかな。

サンダルが欲しくなる

夏になるとサンダルが欲しくなってしまいます。
ぺティキュアをするのが面倒なので、サンダルはサンダルでもつま先は隠れるタイプの方が好きです。
ネット通販ばかりなのでお勧め画像にもサンダルが出てしまいます。
そしてついついクリックしちゃうんですよね。
結局はまだ夏でもないのにすでに3足も購入してしまいました。
ネット通販なので到着が楽しみにしていました。
でも到着して履いてみたんです。
ちょうどよいと思ったけど、サンダルは中敷きをしかないとベタベタして嫌なんですよね。
その中敷きをいれるときつい!
素足で履くから擦れて痛いと履けません。
薄いタイプの中敷きを100円均一でみつけてくるしかないかな。
前から見ているけど薄いのはなかなかないんですよ。

夫原病「ふげんびょう」

夫原病「ふげんびょう」
夫の何気ない口調が妻を苦悩させて体に不調が出る病。
名前は知らなかったけど、こういう症状があるということは知っていました。
原因不明のめまいと頭痛が起きるしそれはいつも決まった時間。
夫がそろそろ帰ってくるという時です。
帰宅するなり埃がないかなど、厳しい人が相手だなんて嫌ですね。
ストレスで血管が傷ついて動脈硬化になることもあります。
夫婦で喧嘩をすると二人ともストレスの軽減につながるそうです。
喧嘩は自分の意見の押し付けでありエゴであると言っていた人がいて、その人とは長く続きませんでした。
結果論はともかくとして、やはり思いは口に出さないと相手には伝わりません。
話し合ってダメなところは補いたいです。

生きているといろいろなことがある

生きているといろいろなことがある。
死んでしまったら本当におしまいですしね。
基本的には嬉しい事よりもマイナスなことが多いけれど、どんなときもパーフェクトに生きられる人なんていませんよね。
だいたいは困難なことがあるのが普通。
そう思わないと自分の人生なんてと悲観することしかできません。
不可抗力で巻き込まれる、大変なこと、面倒なことなどなどはなんでふりかかってくるんでしょうかね。
もう何もかもが嫌だってなるのに、他の人は余裕で生きているようにも見えません。
その人個人と家族のあいだには人様にはいえない何かがある場合もありますけどね。
隣の芝生は青く見えるばかりです。
そこで嘆くだけでいてもどうしようもないので楽しいことを探すしかないかな。